沿革

昭和59年(1984年)
熊本テクノポリス計画に基づく先端技術産業企業(株)日本情報産業熊本として設立。
昭和61年(1986年)
熊本本社での業務を開始
昭和62年(1987年)
東京のHOSTコンピュータと専用線接続本格的な分散開発を開始
平成03年(1991年)
熊本ソフトウェア研修センターに開発室を設け開発環境の充実を計る
(株)エヌ・アイ・ケイと社名変更
平成06年(1994年)
マルチメディアコンテンツ事業を開始
平成08年(1996年)
接客業手話訓練システム
マルチメディアコンテンツ支援事業(経産省)に採択
平成10年(1998年)
WEB-DBサイト構築(CMSコア技術の開発)
平成12年(2000年)
子育て隣家人(リンケージ)システム
介護・子育て分野における革新的なサービス提供に資するIT活用事業(経産省)に採択
熊本県内町村ホームページ構築、自治体向けCMSをパッケージ化
平成14年(2002年)
自治体向けCMS「WEB-N1」導入開始
本社を現在地(水道町)に移転
平成15年(2003年)
自治体向けCMSの新バージョン「WEB-NX」を導入開始
平成19年(2007年)
総務省地域ICT活用事業天草情報タワー採択
.NET版「WEB-NX」を開発・導入開始
プライバシーマーク認定取得
平成20年(2008年)
くまもとITサービス表彰 受賞
地域情報化プラットフォーム準拠 .NetFramework化
平成30年(2018年)
労働者派遣事業許可を取得